福祉施設・企業・自治体みんなで学生を育てる「シブヤフォント」はもう”ファミリー”なんじゃないかな

2020年12月6日、4時間にわたるシブヤフォントの新データ(フォント・パターン)の発表会が終了しました。

学生の発表後に連携した福祉施設職員にコメントをもらうのだが、もう気分は完全に父兄参観日か卒業式。

およそ数ヶ月にわたり一緒に活動することもあって、もう思い入れたっぷり、失敗しないかヒヤヒヤ、祈る気持ちでプレゼンを見守ります。
施設職員の中には感極まってポロリとしてしまうシーンもあったりします。

代表取締役である磯村が、デザイン専門学校で教える立場として感じたことを、noteにまとめています。

ぜひ、ご覧ください。
https://note.com/2929plus/n/n1650fd5fcbb2

*フクフクプラスは渋谷区より委託を受け「シブヤフォント 」の企画運営を担っています。

投稿日: